競馬の馬主は儲かるのか?-名誉と投資金額の回収について
競馬情報会社ランキング

競馬好きなら誰もが憧れる馬主は実際儲かるのでしょうか?

競馬の馬主~謎に包まれた金銭事情について徹底検証~

富豪のイメージが強い馬主ですが、実際のところ儲かっているのでしょうか?実は多くの馬主が赤字になっており儲かっていないのが現実です。赤字でも投資を続けるのは歴史ある競馬で優勝する名誉欲が強いと言えるでしょう。

馬主金銭事情について

競馬場の競馬馬

競馬ファンを盛り上げてくれる大切な馬、その飼い主が馬主です。
大人気の馬を所有している人は、大金を稼いでいるようなイメージがあります。
そもそも馬主というだけで非常に裕福に感じてしまうから不思議です。

しかし、そうしたイメージも実際のルールを見て行くと納得できるものになるでしょう。
JRAのサイトを見てみると、馬主になるには年収1700万以上を2年連続で超えていなければいけません。
さらに、総資産額が7500万以上無ければ馬主になれないのです。

これは最低条件であって、実際にはもっと大金を持っている人が馬主になっています。
このように富裕層で無ければ馬主になれないため、自然と金持ちだというイメージが広がっているのでしょう。
そんな馬主達ですが、実際のところ儲かっているのか気になります。
謎に包まれた馬主の金銭事情に踏み込んでみたいと思います。

馬主は儲かるのか

有名な馬主を始め、様々な馬主がインタビューなどで答えていますが、あまり儲かっていないようです。
5000万投資して4000万のリターンしかなかった、というように赤字のことも多いです。
馬の購入金額に調教費用、様々な経費で赤字になってしまうのはなかなか避けられないのでしょう。

投資した金額を回収するには、G1を複数回優秀して、さらに種馬となって分配金が無いといけないほどです。
賞金を稼ぐには投資額も多くなるため、費用の回収が難しくなるのが伺えます。
結論としては、多くの馬主は儲かっていないというのが現実となります。

名誉のため馬主

競馬は歴史のある競技でありギャンブルでもあります。
日本全国で競馬を嗜むのは1000万人とも言われており、非常に多くの人に愛されているものです。
そんな競馬で自分の馬が優勝したら最高の気分になれる、それこそが馬主の目的です。
大きな名誉を得ることこそが赤字でも馬主を続ける利用なのです。

大抵の人は会社経営などを行っており、別の収入があるので多少の赤字はまったく問題無いのが実情です。
人によっては競馬を節税対策にしている面もありますが、根本にあるのは名誉欲と言って良いでしょう。

圧倒的な存在感を示したディープインパクトなど、有名な馬主になればもちろん黒字になります。
ディープインパクトは200億円以上を稼いだと言われており、やはり大金が絡んでいるのは間違いありません。
多くの馬主は儲からないのですが、レースに優勝しまくると莫大な利益をもたらすのです。