【競馬】高額配当の受け取り方-100万円以上の配当は窓口で
競馬情報会社ランキング

競馬の高額配当の受け取り方は配当金額によって変わってきます。

高額配当の受け取り方~噂の真実~

競馬で高額配当を受け取る際に、どうすれば良いかを紹介しています。自動払戻機が対応しているのは100万円までなので、それ以上の配当金は窓口で受け取ります。受け取りは現金になるので、大金を持ち歩くことになるので覚えておきましょう。

高額配当受け取り方

競馬の高額配当で受け取った札束

競馬で大穴を当てて高額配当を手に入れる、そんな夢や野望を抱いている人は多いでしょう。
大金が当たったら何を買おうか、どんなお祝いをしようか、そうした夢を膨らませるのが実に楽しいものです。
そうした妄想の中でふと気になるのが、高額配当の受け取り方です。
数千円の配当を受け取るのと変わらない感覚でポンと渡されるのか、それとも自動払戻機で大量に出て来るのか疑問は尽きません。

そこで、万馬券が当たっても慌てないように状況をシミュレーションしてみましょう。
どうやって高額配当を受け取るのか、その詳細を紹介したいと思います。

100万以上配当は窓口で

どこからが高額配当になるかというと、100万円が1つの基準となります。
一般的な競馬場やウインズには自動払戻機がありますが、これは100万までしか対応していないのです。
100万以上の配当金になっている馬券を入れると、有人窓口へ行くように案内されます。
配当金が払い戻されないと慌てないためにも、この100万円ルールをしっかりと覚えておきましょう。

窓口へ行くと受付の人に番号札を渡されて待たされることになります。
高額配当であればあるほど、現金を用意するのに時間が掛かるでしょう。

ちなみに、払い戻しは100万でも500万でも、それこそ1億円であっても現金で手渡しとなります。
銀行振込などには対応していないので、高額配当の際は持ち歩くことを覚悟しておきましょう。
重ければ重いほど、それは幸せの重みだと思って運んでください。

高額配当時噂について

高額配当の際にはいろいろなサービスがあると噂になっています。
例えばガードマンが付いてくれるというものが有名ですが、実際はどうなのかを競馬場に聞いてみました。

「希望があれば付けますが、要望を受けることはほとんどありませんね」という至って素っ気ない返事でした。
どうやら数百万規模の高額配当金は毎日のように発生しているらしく、いちいちガードマンを付けていられないとのことです。
数千万になるとタクシーまでガードマンが付いて行くような状況は実際にあったようです。
そのため、ガードマンが欲しいなら基本的には要望を出さなければいけないのです。

他には大金を使う心得手帳をもらえるというものですが、こちらについてはきっぱりと否定されました。
宝くじの高額案内と混同されているようで、競馬で大金を得ても心得手帳をもらえないようです。
いかがでしたでしょうか?

高額配当を受け取る準備が出来たなら、後は的中させるのみとなります。
素敵な夢を見るためにも高額配当を狙って競馬に熱中してみましょう。