【調教師と厩務員の違い】業務内容から厩舎で出世する方法まで
競馬情報会社ランキング

競馬の調教師と厩務員の違いや仕組みについて詳しく解説していきます。

人間関係も重要!厩務員が調教師に出世するための流れ

調教師と厩務員は厩舎の経営者と従業員の違いがあるほか、業務内容にも大きな違いがあります。厩務員は調教厩務員、調教助手を経て調教師を目指すこともできます。

調教師と厩務員の違い

ばんえい競馬

調教師と厩務員の違いは社会の仕組みで例えると、調教師は厩舎の社長(経営者)で厩務員をはじめ、厩舎に所属する調教師以外(調教助手、騎手など)は従業員という扱いになります。
スポーツチームで例えるなら、調教師は監督、競走馬と騎手はプレーヤー、調教助手および調教厩務員はコーチ、厩務員はスタッフといったところです。
中央競馬の場合は、それぞれ競馬学校を卒業した資格や免許が必要で調教師は超難関の試験をクリアしないといけません。
また調教師はなれる人数が限られていて、引退する調教師が現れないと新しい調教師にはなれません。
厩舎スタッフの特徴をご覧ください。

調教師

厩舎の代表者。馬主から預かった馬のマネジメントを行い、馬主との調整も含めて調教計画を立てて、調教助手へ指示を出し、レースへの出走計画、騎手の選定などを行います。
競走馬がレースで勝てるかどうかは、調教の方法など調教師の手腕が大きく影響します。
調教師は長年競馬に携わってきたベテランでないとなることは難しく、騎手か厩務員が経験を積んで調教師になるケースが多いです。

調教助手

その厩舎の全ての馬に対して調教で騎乗することができます。
調教師不在の際には業務を代行することもあり、調教師の右腕のような存在です。
調教助手専門の資格はなく、調教師が認めた厩務員や元騎手が行います。
一般の厩務員が目指す出世コースです。

厩務員

厩務員は中央競馬の場合、2頭を担当して日常生活の世話をします。
中央競馬の厩務員になるには、競馬学校の厩務員課程を卒業しないといけません。

調教員

通常の厩務員と同様に中央競馬なら2頭の馬の管理を行いますが、担当している馬については調教での騎乗も行います。
専属ではなく調教助手や騎手が調教で騎乗することもあります。
通常の厩務員よりワンランク上の形です。騎乗テクニックも求められるため、全ての厩務員が厩務超教員へ出世するとは限りません。

厩務員から出世するためには?

最低条件になるのは結果です。管理した馬がレースで勝てば調教師や馬主からの評価も上がります。
結果を残しても、馬の能力ではなく厩務員の能力による影響もあったことを周囲に認められないといけません。
日常業務の姿や取り組みの姿勢はもちろん、周囲の人間とも良好な関係を築くことも求められます。
競馬は最終的には馬主や騎手と連携をしたり調整をしてレースに挑みます。周りから気に入られると出世はできますし、能力だけ高くても人間関係に問題があると、様々な弊害が出てきます。