競馬の「ステークス」とは?意味と起源・現在のレース形態を解説
競馬情報会社ランキング

ステークスレースの意味-近代競馬における賞金レースの起源

現在のJRAのレースには、純粋な意味でのステークス競争はありません。

競馬のレース名には「ステークス」と付くものが多いですが、本来の意味としては、馬主がお金を出し合って拠出した賞金の獲得を賭けて行われる競争のことを言います。JRAのレースの場合「付加賞」が与えられる特別競走が、ステークスの仕組みに近いと言えます。

ステークス意味

レース賞金について話し合う関係者達

競馬のレース名と言うと、「○○ステークス」と思い浮かべる人が多いかと思います。
G1レースにも「スプリンターズステークス」「ホープフルステークス」「朝日杯フューチュリティステークス」など、ステークスのつくレースがあります。

この「ステークス」の意味について、皆さんご存知でしょうか?

その起源は、近代競馬が根付いた頃のイギリスにあります。
レース着順をただ争うだけでなく、今のように賞金を賭けて争うレースが盛んに行われるようになり、そのレース賞金を拠出するためにレース出走馬の馬主がお金を出し合いました。
こうして確保された賞金を、レース勝者や入線着順に分配する形態の賞金レースを「ステークスレース」と呼び、現在に至っています。

現在ステークスレースとは?

現在JRAで行われているレースの本賞金は、すべて主催者であるJRAが出していますので、純粋な意味でのステークス競争はありません。
しかし、「特別競走」と言われるレースには、馬主から徴収した特別登録料※を「付加賞」として1着から3着までの馬に、7・2・1の割合で分配する賞金があり、これがステークスの仕組みに非常に近いと言えます。
つまり「〇〇特別」や「〇〇賞」といった特別競走も、ステークスレースに該当すると解釈できます。
(※特別競走に出走するためには、馬主は通常の登録料の他に特別登録料を支払う必要があります)

2018年の日本ダービーの付加賞

参考までに、2018年の日本ダービーの付加賞は、(1着)2748.2万円 (2着)785.2万円 (3着)392.6万円でした。
地方競馬では付加賞の制度はありません。また「ステークス」のつくレースがありません。
ステークス制を取り入れていないためです。
そもそも純粋な意味のステークスレースがない現代においても、律儀に格式を守っているのです。

最近では、海外でも純粋なステークスレースが減ってきています。昔は盛んに行われていたイギリスでも、純粋なステークスレースはありません。
現在における「ステークス」は、本来の目的や意味のある名称ではなく、昔の名残で今に受け継がれている名称と言ってよいでしょう。