【競馬】厩務員になるための応募方法や資格・倍率とは?
競馬情報会社ランキング

競馬の厩務員になるためには年齢や体重の制限など厳しい基準があります。

厩務員になるための応募方法~中央競馬と地方競馬の違い~

厩務員になるには、中央競馬の場合競馬学校の厩務員課程を卒業する必要があり、応募するにも牧場での実務経験や乗馬スキルを求められ、競馬学校を目指す専門学校も用意されています。

厩務員になるためには?

馬の親子

厩務員になる方法は中央競馬と地方競馬で大きく違います。
地方競馬は資格もなくて、厩舎に雇用すれば誰でもなれるチャンスがあります。
一般の求人に出るケースもゼロではないですが、人気職業でなりたい人も多いので馬の世話もしたことがないなど、完全未経験からなることは難しいです。
中央競馬の場合は競馬学校の厩務員課程を卒業しないといけません。
競馬学校に入るのは狭き門で、中には競馬学校合格を目指すための専門学校もあるほどです。 また、年齢や体重の制限もあるので基準を満たしていないとなることも難しいです。

競馬学校厩務員課程の応募資格の一例

入学時点で28歳未満
体重が60kg以下
中学卒業以上の学歴を有している
健康状態の良い方
乗馬経験
牧場実務経験

完全な未経験者は牧場でアルバイトでもいいので働くことから始めないといけません。
専門学校では実習を通じて応募資格をクリアできるような内容になっていることもあります。
競馬学校を卒業すれば厩務員として働く資格を得て、競馬学校の紹介等で厩舎の所属先を決めることになります。

競馬学校の厩務員課程も需要に応じて募集人数を決めているいるので、競馬学校を卒業できただけで厩務員として働ける可能性は高いです。
ただし、決して楽な仕事ではないですし、厩舎からしても馬主から預かっている大切な馬をずさんな管理されてしまうと大きな損失が出ます。
本人の意思や大きな失敗をキッカケに難関の競馬学校を卒業したにも関わらず、早い段階で退職してしまう事例もあります。

競馬学校厩務員課程倍率

倍率は毎年違いますが、平均的に生徒の枠は年間15名前後。応募倍率は10倍超えです。
たった10倍と思う方も多いですが、入試を受ける基準が厳しくて一次試験をパスした2次試験を受けた人の中での倍率です。
応募するまでのハードルが高く1次試験をパスするのも簡単なことではないので、ライバルは手ごわく倍率以上に狭き門になっています。

地方競馬厩務員になる方法

ルートは色々ありますが、基本的には何かしらのコネクションが必要です。
また、競走馬を育てるためのノウハウは就職後に教えてもらえますが最低限の馬の世話はできないと話になりません。
最近ではJRAの競馬学校を目指すための専門学校を卒業後に、競馬学校の試験に落ちた人が専門学校の紹介で地方競馬の厩務員になるケースが増えています。
もちろん、こうしたチャンスをつかめる人は一部で、学校の成績が良いか調教師に気に入られないと難しいです。
ごくまれに、ちょっとしたことから調教師と繋がった縁だけで厩務員として採用されるケースもあります。