競馬の騎手の引退後の人生~厩務員・解説者などよくある事例のまとめ~
競馬情報会社ランキング

現役時代に人気と実力があった騎手は引退後に解説者になる人も多く見られます。

騎手の引退後の人生-経験を活かして競馬の予想師に転身も多い?

騎手の引退後は厩舎関係の仕事、調教師、解説者など華やかしい人生を歩む人もいれば、予想師や会社員として再スタートを切る人もいます。

騎手の引退後の人生

新しい人生の道標を指すNEW LIFEの看板

騎手の多くは30代か40代で引退します。
一部のトップジョッキーは現役生活で一生食べていけるだけの稼ぎを出しますが、大半の騎手は引退後も何かしらの仕事をしないといけません。
騎手の引退後の人生でよくある事例をまとめました。

厩務員/調教助手

トップジョッキーはフリーで活躍しますが、若手騎手は競馬学校卒業後に厩舎へ所属します。
活躍すればフリーに転身する道が用意されますが、厩舎在籍のまま芽がでないと所属している厩舎に厩務員や調教助手として受け入れてもらえるケースもあります。
厩務員も人気の高い職業で収入も一般的なサラリーマンと同等以上の収入を得られます。
ただし、厩務員や調教助手は誰にでも務まるものではありません。
騎手で結果の出ない中でも真面目に取り組む姿勢を評価されるような人でないと引退後も厩舎から雇ってもらえません。

解説者

トップジョッキーの引退後によく見られます。
実力はもちろん人柄や現役時代の人気度も重要です。
地上波の競馬中継であればギャラもいいですが、大半はセミリタイヤで趣味の延長線で解説の仕事を受けているケースが多いです。

調教師

活躍した騎手が目指すケースで多いのが調教師です。
武幸四郎のように現役時代に調教師免許の試験を受けて受かったら引退するケースもありますが、全般的には一度厩舎に所属して調教助手などで経験を積みながら調教師を目指すケースが多いです。

会社員

元騎手でも競馬関係の仕事に就ける確約はありません。
経験を活かして乗馬教室や牧場で勤務するケースもありますが、競馬とは全く関係のない仕事に再就職するケースも珍しいことではありません。

予想師

意外なほど多いのが予想師です。
騎手は競馬の裏側を知れることや経験値の高さから現役時代に馬券を買うことを禁止されています。 引退すれば制限は解除されて一般人として馬券を買えるようになります。
直接馬券を買って馬券生活者になる人もいますし、予想精度や業界人との人脈を活かして競馬情報会社に所属するケースもあります。

厩舎による元騎手の待遇が悪化

一昔前は騎手から厩務員に転身しても家族を養えるくらいの給料を得られました。
しかし最近は元騎手でも引退して新人厩務員として再スタートする際に、新卒と同等水準の待遇になってしまうケースも増えています。
厩舎の受け入れ態勢の変化によって、現役を続けたい気持ちを持ちつつ現実を見て、良い待遇で再就職出来る話があれば、すぐに引退を決めてしまうケースも目立っています。
年間で未勝利から数勝クラスの騎手の年収は500万円前後です。一般的なサラリーマンからしてみれば十分に感じるかもしれないですが、騎手は出て行くお金も多く500万円では生活もカツカツになります。

現役を続けながら引退を前提に就職先を探せる人ならいいですが、後のことを考えずに限界まで現役を続けた結果、引退後に路頭へ迷ってしまう元騎手も増えているのが現状です。
なかには予想は下手くそなのに元騎手の肩書きで競馬情報会社に所属して当たらない予想を高値で売りつけている人もいます。