競馬の厩務員の収入|中央競馬と地方競馬では年収が違うって本当?
競馬情報会社ランキング

厩務員は管理馬がビックレースで勝てば年収数千万になる可能性があります。

夢とお金の両方が掴める世界?厩務員の収入と給料システム

厩務員の収入は中央競馬の平均で年収750万円前後と言われています。若手は年収300~400万円での下積みが必要で馬の獲得賞金5%を進上金として厩務員に支払われるシステムもあります。

厩務員の収入

INCOME(収入)の文字

厩務員は人気の高い職業です。
多くの人は競馬や馬に携わることを目的に目指す職業ですが、収入も気になりますよね?
厩務員はその厩舎の調教師から雇われることになるので、収入も厩舎や経験年数、能力によって異なります。
面白いのは管理している馬が獲得した賞金の一部を進上金として受け取れる点です。
競馬の獲得賞金は80%が馬主、10%が調教師、騎手と厩務員が5%ずつ振り分けられるルールになっています。
騎手と同じ扱いで調教師の半分をもらえるので、お金の面でも夢のある仕事です。

平均年収は中央競馬で750万円前後、地方競馬で400~500万円ほどです。
初任給は25万円前後で、その他の手当もつくので最低賃金も確保されています。
最初は有力馬の管理は任せてもらえないので、進上金でガッツリ稼ぐには相応の経験と厩舎の中で地位を上げる必要があります。

管理馬がビッグレースで勝てば、年収数千万円になることもあります。
なお、騎手と同じだけ稼げると勘違いされる方もいますが、騎手は騎乗する馬が多く、厩務員は管理できる馬の数に限りがあります。
結果的に騎手と厩務員は収入で大きな収入差になることが多いです。

厩舎によってシステムは違う

厩務員が進上金の5%を全額受け取れることもあれば、ほかの厩務員や調教助手などのスタッフと分け合うケースもあります。
もらえる金額のパーセンテージが大きければ、基本給が安かったり保証・福利厚生の少ないケースもります。
逆に進上金をあまりもらえないところは保証がしっかりしていて収入面で安定する傾向があります。

決めるのは経営者でもある調教師の裁量次第です。
厩務員の進上金を調教師が着服してしまうケースもゼロではないですが、業界全体としてブラックな経営をしている厩舎は少なく、スタッフの声を聞いて納得できる給料形態にしています。 競馬は馬の体調管理が重要でレースの勝敗も左右するため、厩務員の能力も重要です。
高いモチベーションを維持することや、優秀な厩務員を失わないためにも、各調教師は考えて厩務員の給料システムを決めています。

中央競馬の方がチャンスは大きい

地方競馬でも賞金総額1億円以上のビッグレースはありますが、重賞そのものが少なく平均賞金も少ないです。
地方競馬であれば、出走回数で稼ぐこともできますが、大きな進上金のチャンスは中央競馬の方が大きいです。
当然、厩務員になるハードルも中央競馬の方が高いです。
日本の中央競馬は世界で一番賞金が大きいと言われているので、結果さえ出せば稼げる仕事です。