競馬情報会社の歴史|時代とともに変わってきた経緯を知る
競馬情報会社ランキング

情報商材のさきがけであった競馬情報会社の歴史をご紹介します

競馬情報会社の歴史とルーツのまとめ

大川慶次郎のホースメン会議のように、本当に競馬ファンのためんいなるような情報会社の存在によって、競馬はより一層親しみやすいものになりました。

競馬情報会社歴史

競馬は16世紀のイギリスで発祥し、その後に日本に持ち込まれたのは19世紀の後半と言われています。
その後も投票馬券の形式など様々形を変えながら発展してきましたが、俗に言う競馬情報会社と呼ばれるものが世に出てきたのは一体いつごろなのか、そしてその後競馬情報会社の業界はどのような経緯をたどって現在に至るのか、解説します。

競馬の買い目情報を提供する競馬情報会社はかつて「競馬の神様」と呼ばれた有名競馬評論家・大川慶次郎が1981年に設立した
「ホースメン会議」などがその先駆けとして有名です。

当時は競馬に限らずとも、実在する「モノ」ではなく「情報」を商材として販売すること自体が珍しく、一般的に購入すること自体にも抵抗があったため、そのような環境下で着実に運営をして信用を得てきた競馬情報会社には並々ならぬ努力と苦労があったものと思われます。

悪徳情報会社台頭

悪徳情報会社

このようにして先人達が作り上げてきた基盤を利用してお金儲けをしようという輩が競馬情報会社を装って不正に顧客からお金を巻き上げるような事案が増えます。

従来人間には「楽してお金を儲けたい」という欲が少なからずあり、その欲望の捌け口として競馬やパチンコなどを庶民ができるギャンブルとして発展してきた経緯があります。

その欲望を利用して稼ごうとする連中が出てくることはもはや必然でした。

これからの競馬情報会社

しかし、競馬をお金儲けの手段としてではなく、純粋に馬や競馬という競技を心から愛しているファンも昔から確実に存在します。
そのような方たちによる有志の集まりや専門家などによる正規の流れを汲む競馬情報会社もいまなお頑張っています。

このような本来あるべき競馬情報会社は、もちろん買い目の情報でお金を儲けるために利用することもできますが、それ以上に馬券を買う際に注目すべきポイントなどを的確に伝えることにより、「競馬」という競技のすばらしさ・面白さをこれから競馬に触れる方に伝える、という重要な役目を担っています。

現在、インターネットが普及したことにより、顧客はより一層競馬情報会社に手軽に手を出せるようになりました。
しかしその分、悪徳競馬情報会社も多種多様な手口でより巧みにお金を騙し取るようになってきています。

これらの悪徳業者は確実に競馬界のイメージ上もマイナスの存在であり、駆逐されるべきものです。
しかし、残念ながらこれら悪徳業者はこれからも存在しつづけるでしょう。

したがって、今後の競馬界の発展のためにも顧客側がまず知識を身につけ、悪徳業者を見極める目を持つことが大事です。
悪徳競馬情報会社は絶対に使わないで駆逐し、わずかながら存在する優良競馬情報会社を盛り上げていくことが競馬ファンとしての使命とも言えるでしょう。

優良競馬情報会社を盛り上げる