騎手が得られる収入&JRAと地方競馬による収入の違い
競馬情報会社ランキング

JRAに所属する騎手の平均年収は1000万円程度、地方競馬の多くの騎手は年収200万円以下のようです。

騎手ってどれくらい稼ぐ?

JRAと地方競馬では1回のレースにおいて獲得できる賞金に大きな違いがあるので、騎手の収入もかなり異なってきます。

中央と地方でも変わる
気になる騎手の給料

ジョッキー達

競馬における影の主役とも言えるのが騎手という存在です。
この騎手なのですが、どのくらい稼げるのか気になるという人も多いでしょう。
そこで騎手の収入についてスポットをあててみましょう。

まず基本的な話ですが、騎手の収入というのは大きくは2つに分類されます。

1つはレースにおいて競走馬に騎乗することで得られる収入になります。
この騎乗に関する収入というのも、騎乗手当といって乗ることで支払われるものと、賞金を獲得した時に支払われるものの2つがあるそうです。
前者の収入というのはレースにおける勝ち負けに関係なく、騎乗すれば一定の収入が得られると考えてください。
後者の場合ですが、賞金の数%といった形で支払がなされるそうです。
日本では一般的に5%、障害レースで7%程度だと言われています。

もう1つの収入というのは所属している厩舎における業務をこなすことで支払われるものです。
これは厩舎の一員として仕事をすることによって、厩務員と同じくして給料がもらえると考えて良いでしょう。

何かと中央と地方では格差のある競馬界ですが、実は騎手の収入もかなり異なります。
基本的にJRAが主催する中央競馬は土日に開催し、地方では平日が中心となっているので、騎乗する回数だけを見れば地方騎手の方が圧倒的に多いはずです。
しかし、実際にはJRAに所属する騎手の平均年収は1000万円程度だと言われており、地方競馬の場合は多くが年収200万円以下だそうです。
中には100万円にも年収が満たないというケースもあるようなので、その格差には驚いてしまう人も多いでしょう。

JRA騎手であっても、稼げないケースでは年収が500万円いかないといわれるのですが、一般的な騎手であれば5000万円程度は稼ぐと言われています。
反面で地方競馬では、トップジョッキーでも年収500万円程度であったりとかなり厳しいものがあるのが現実のようです。

ただし、地方競馬場でも比較的に賞金が高いレースを行っているところでは、騎手の年収も高くなる傾向にあります。
もともとJRAと地方競馬では1回のレースにおいて獲得できる賞金に大きな違いがあるので、ある程度は仕方のないことだと言えるかもしれません。

ちなみにですが、レースに出場するだけで支払われる騎手手当ですが、これはJRAの場合だと4万円~8万円程度だそうです。
基本的にレースのランクによって手当の額が変わるそうなのですが、1日に数回はレースに騎乗することになるので、これだけでもかなりの収入になると言って良いでしょう。
ちなみにですが、JRAのトップジョッキーともなってくると、年収は1億円を超えてくるようです。

競馬騎手の収入ってすごいんですね!しかし、競馬には我々一般人でも騎手並のお金を稼ぐことができるという夢があります。その近道を示してくれる競馬情報会社としてすごい競馬をお勧めします。