【ディープインパクト】は競馬で通算いくら稼いだのか
競馬情報会社ランキング

競馬の歴史に残るディープインパクトは関連商品も莫大な売り上げがありました。

ディープインパクトが稼いだ生涯の獲得を徹底調査

ディープインパクトは中央競馬クラシック三冠馬に輝いたのを始め、数々の記録を打ち立ててきた競馬歴史に名を刻む競走馬です。レース場の勇姿だけでなく、関連商品の売り上げも非常に大きく、社会現象を巻き起こしました。

ディープインパクトは
いくら稼いだのか

賞金

ディープインパクト2004年から2006年に掛けて活躍した競走馬で、国内では史上6頭目となる中央競馬クラシック三冠馬に輝いたのを始めとして数々の記録を打ち立ててきたのですが、やはり気になるのは獲得賞金を生涯でいくら稼ぐのかについてです。

このディープインパクトの残した獲得賞金の記録は非常に大きく、いくら稼ぐのかについては活躍したわずか2年間に通算で14億5455万1000円もの賞金を獲得しました。
この金額については引退した当時で歴代2位にも登る金額の高さで、レース場でのその勇姿もさることながら獲得した賞金の高さも相まり大きな話題を呼び、一時期は社会現象も巻き起こしました。
当時は関連商品>が大きな売り上げを見せており、直接間接双方の経済への波及効果も非常に強く、全てを含めていくら稼ぐのかについては驚きの262億円と推定されています。
今もなお往年のファンは多く、当時のグッズや馬券などを自宅に保管している方も多いのではないでしょうか。

こうした獲得賞金の高さは一重に優れた成績を残している事によるもので、生涯成績は14戦12勝にも及び、中央競馬では13戦12勝に、またフランスでは1戦0勝の成績を収めています。
ディープインパクトのデビューは2004年になり、第一戦は武豊を騎手に据えて阪神競馬第5競走の2歳新馬戦に登場します。
この初戦を4馬身の差も付けて勝利すると、翌年の2005年に行なわれた京都競馬場の若駒ステークスでは、10馬身の差から一気に駆け抜け5馬身差を付ける驚きの展開を見せ、その名は一気に全国区へと知られるようになりました。

その後の活躍はもはや言うまでもなく、2005年にはGIで皐月賞・東京優駿(日本ダービー)・菊花賞を、GIIでは弥生賞・神戸新聞杯を制します。
2006年になるとさらにはGIで天皇賞(春)・宝塚記念・ジャパンカップ・有馬記念を、またGIIでは阪神大賞典などと多くの勝ち鞍記録を残しました。

ディープインパクトのような歴史に残る名馬を知っていくと、より競馬を楽しむことができます。